子どもと過ごす 小さなこだわり 心地よい暮らし 450(よんひゃくごじゅう)

地球にやさしく、人にやさしい暮らしを心掛けて日々過ごしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2016夏キャンプ

今年4月から娘たちはガールをやめた。
だけど、子どもを育てるにあたって、野外体験はやっぱりさせてあげたい。
不自由な思いをして、当たり前のことが当たり前ではない体験をしてほしい。
そして、何に対しても感謝するという心を養ってもらいたい。

そこで、息子の団の夏キャンプの隅っこでテントを立てさせていただけることになった。


富士山の御胎内ってところのキャンプ場。ここはボーイかガールしかキャンプできない場所。
息子は前の週の土曜日からキャンプ入り。私たちは6泊7日の5日目のみの1泊。
今まで食事は全部スカウトが作っていたのだが、6日目の夜だけは指導者たちが作る。
ゲストナイトと言う。
今までずっとゲストナイト行きたかったけど、遠くて不便で行けなかった。長野だったから。

だめだとはわかっているけど、どうしても娘の団と比べてしまう。
自由で柔軟。
そして居心地がとてもいい。
楽しかった。心からそう思えるキャンプって初めて。
ガールを親の都合でやめさせてしまったと後悔していたけど、全然大丈夫だ。
私たち親子にはとてもすてきな居場所がある。
スポンサーサイト
  1. 2016/08/12(金) 22:23:36|
  2. 子ども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

同じデザインで

20151124.jpg
二女のワンピース。前作ったのと同じデザインで、布を変えて。
私のエプロンをばらしてまた作った。

布が足りなかったので、持ってたブラックウオッチの布を足して。
最近はいい気分を選択する、ということがだんだんできるようになってきた、と思ってたら、落とし穴。
やっぱりガールに行った日は心がささくれてしまって、なかなか修正できない。
結果、長男とまたぶつかってしまった。
長男も、一度カッとなると、修正するのに時間がかかるし、その間、めちゃくちゃ暴れる。
しまった~、って思ったけど、後の祭り。
そこで長男はほっておいて、自分の好きなことをして心を落ち着かせることにした。

で、作ったのがこのワンピースというわけで。
結局、次の日に、長男に「あなたは私とどういう人間関係を築きたいのか?」
と質問をしたら、「仲良くしていたい。喧嘩しないようにしていたい。」
と答えが返ってきたので、仲直りできた。
引き寄せってシンプルだけど、実践は難しい。

ガールのことは色んな人に相談して、長女とも話し合って、退団することにした。
大学のサークル仲間が私のSOSをキャッチしてくれて、話を聞いてくれたし。
ガールのことは手放したほうがいいんだろうな。
とてもいい教育なんだけどね。残念。
  1. 2015/11/24(火) 21:17:22|
  2. 手作り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヨガマット入れ

20151112.jpg
ヨガマット入れ作った。
ヨガはもう9年やってる。
今頃作ったのか、という。今まではでっかいエコバッグに入れていたから。
でも、まあ、体は全然柔らかくなってないけどね。
心は柔らかくなってきたかな。
先生によると、体の柔軟性を高めたり、痩せたり、運動のためだったりって期待はなくていい。
呼吸を深くすることによって、心を安定させる、これが大切なんだって。

私は、最後の死体のポーズがとても心地よいので、ぶっちゃけ、そのためだけに通っている。
心の持ちようがよくないので、ヨガやってなかったら、うつになってたんじゃないか、って思う。

最近は引き寄せのおかげで、ずいぶんいい気分で過ごせるようになってきた。
でも、ガールの時だけは、やっぱり心がささくれてしまう。
今日も地区の役員をしているので、会議があって、行かなきゃ。

  1. 2015/11/16(月) 12:18:45|
  2. 手作り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手帳カバー

来年の手帳を買った。
20151028.jpg
A5サイズなので、新しくカバーを作った。
ここ何年かで、ずっと自分のネガティブさに悩んでいて、いろいろ取り組んできたけど、
友だちの日記で紹介されていた「引き寄せの法則」が一番シンプルで取り組みやすいことを発見した。
「もう人間関係で悩まない」って本の帯に書いてあって、衝動買いしてしまった。
読むだけでは足りなくて、トレーニング本も買って、その流れで手帳も買ってしまった。
長女もネガティブな言葉が多いので、一緒に買ってあげた。
で、二冊分というわけで。
少しずつ効果が出てきてるような気がする。
一番の障壁になっているのは長男だけど、受け入れなきゃね。

20151031.jpg
二女とハロウィンに作ったかぼちゃスコーン。
全部二女が作業して、私はそばにいただけ。
おいしくできた。
  1. 2015/11/04(水) 08:44:30|
  2. 手作り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またエプロン

20150928.jpg
先日作った二女のキュロットのあまりで自分用エプロン。
横長のポケットにしてみた。

この夏長男が世界ジャンボリーで行く予定だった秋芳洞。
北欧のスカウトが大勢熱中症になって、プログラムが中止になってしまい、行けなかったそう。
私も高校の修学旅行で行くはずだったのに、私の年から広島・京都・奈良になってしまって、行けていない。
何で秋芳洞に行きたかったかを思い出して、久しぶりに「あなたにここにいてほしい」を読んだ。
久しぶりどころか、31年ぶり。これってすごいよね。
自分の書く文章がめちゃめちゃ影響されてる。怖~。

今、私の子どもたちは荒れてて、私自身も荒れてて、夫は仕事人間で、こんな家族嫌だ、って思ってた。
私の子どもたちはこんな親、最低、この家から出て行きたい、二度と戻って来たくない、って思われたくないな。
難しいんだけど。
夫なんか、自分の実家大嫌いだし。夫の妹に至っては夫より実家に帰る回数が少ない。
家族って難しいね。
  1. 2015/09/29(火) 23:10:07|
  2. 手作り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。