子どもと過ごす 小さなこだわり 心地よい暮らし 450(よんひゃくごじゅう)

地球にやさしく、人にやさしい暮らしを心掛けて日々過ごしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クリスマスのかざり

うちのリビングって狭い。
ツリーを出したら場所取るから、最近は出さない。
代わりにクリスマスっぽい手作りを毎年している。
今年は何年か前のはんど&はあとのキットの毛糸がそっくりそのまま残っていたので、
お花を編んでつなげてみた。
ガールでもらったジュニアさん(4年生~6年生のスカウトがいる)からのクリスマス会の招待状も一緒に飾ったら、
とっても可愛くなった。CIMG3442.jpg
今年はジュニアさんとブラウニー(1年生~3年生)で合同でクリスマス会をやる。
ボーイスカウトでもやるし、大学の仲間ともやるから、計3回。
家ではのんびりしたいな、って考えてたら、二女が自分ちのクリスマス会のプログラム考えてた。
家でもスタンツ(出し物)をやるって言ってる。。。
勘弁して~。

最近二女が全然本を読まないで、マンガばかり読んでる。
うちは夫がアニメ、特撮オタクなので、マンガがすっごいいっぱいある。
その中で、藤子F不二雄にはまってしまっている。
そこで文庫のお姉さまたちに教えてもらって、低学年でも楽しめる読み物を何冊か借りてみた。
薄くて絵本っぽいものは自分で読んでもらって、少し字が多いものは初めは読んであげた。
でも続きが気になったらしく、自分で読み始めたのにはびっくり。
うちの子、本を全然読んでくれないの、ってお母さんに試してほしい。
リビングで勉強してた中2の長女も一緒になって聞いていたから、
子どもは何歳になっても親に本を読んでもらいたいもんなんだな、って分かった。

ちなみに二女が自分から読んだ本は、
「はじめてのキャンプ」林明子
「メロップスのわくわく大冒険1、2」トミー・ウンゲラー
「黒ネコジェニーのおはなし」エスター・アベリル
「火曜日のごちそうはひきがえる」ラッセル・E・エリクソン作 ローレンス・ディ・フィオリ絵
スポンサーサイト

テーマ:私のハンドメイド報告 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/12/04(火) 22:31:17|
  2. 手作り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。