子どもと過ごす 小さなこだわり 心地よい暮らし 450(よんひゃくごじゅう)

地球にやさしく、人にやさしい暮らしを心掛けて日々過ごしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ユニセフ募金

20140525.jpg
日曜日ガールスカウトでユニセフ募金をした。

「世界中の子どもたちが、
学校に通えるように、
安全な水が飲めるように、
命を守られるように、
ユニセフ募金にご協力ください。」

と、通行する人々に声をかけた。
小学校1年生から高校生までのうちの団のスカウトたち。
うちの娘たちもスカウトだ。

募金が初めてのスカウトは、ずっと立っているのが辛くて、座りたそうだったが、
がんばって立って声を出していた。

全ての人が募金してくれるわけではない。
しかし、みんな一生懸命声を出していた。

子どものうちにいろんな体験をさせたい。
子どものうちに体験したことは大人になっても心に生きている。
1回じゃだめ。
何回も繰り返して体験して学んで行く。
それがガールスカウトにはできる。
スポンサーサイト
  1. 2014/05/27(火) 13:01:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エプロンたち

20140513.jpg
先月から子どもと接するお仕事を始めた。
幼稚園の先生とかがしてるエプロンは持ってないので、前掛け的なエプロンをすることにした。
とはいっても、以前作った巻スカート(腰回りを隠すため)に、ポケットを新しく足したものなんだけどね。
新学期始まって1か月半。ようやく子どもの名前も、仕事内容も大体覚えることができた。

今まで専業主婦が嫌でたまらなかった。
365日休みなしなのに、無給。
今までボランティアでやってきたことを活かしてお給料がもらえるなんて、夢のようだ。

気持ちに余裕ができたせいか、子どもたちにも優しく接することができてうれしい。
手作りをする時間は減ってしまったけど、少しずつ作って行けたらと思う。

二女に新しいルームシューズを作ってと言われてるんだった。
早く作らないと。
  1. 2014/05/16(金) 21:27:36|
  2. 手作り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。