子どもと過ごす 小さなこだわり 心地よい暮らし 450(よんひゃくごじゅう)

地球にやさしく、人にやさしい暮らしを心掛けて日々過ごしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

卒園

土曜日は卒園式。

9年間通った幼稚園ともお別れ。

うちの幼稚園は親のお手伝いが多いので、
近所のママたちから人気薄。

だけど、子ども一人一人に寄り添ってくれる保育が、
とても気に入って3人通った。

だけど、長くいると段々いろんなことが見えるようになって。

お手伝いを積極的にする人、あまりしたがらない人と別れるって気づいて。

私は、お手伝いしない人って思われるのが嫌で、
がんばってしまった。

で、疲れきってしまった。。。

上二人を登園させている時は、幼い二女を連れてて、
それだけでつらかった。

雨でも雪でも行かなければならない。

保育中は係りのことで家に帰れないこともあった。

木曜以外はお弁当。

保育後は外で遊ぶか友だちのうちへ。

自分のために時間を使うってことが、まるでできない。

今は、もうあそこに行かなくていいんだ、っていう、
安堵感しかない。

だけど、

親の手伝いがあることで、学生時代に戻る、っていうか、
とても楽しいと感じることがある。

みんなで作り上げる達成感もある。

はまるひとははまるんだな。
スポンサーサイト

テーマ:幼稚園 - ジャンル:育児

  1. 2011/04/04(月) 13:53:54|
  2. 子ども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<うちでは | ホーム | 最近は>>

コメント

私もはまった一人です。

私もスタッフ時代、離れたい時期があったけど、
少し距離をおいて、時間が経つと、
やっぱり楽しかったかも!と思えてきました。
日々、忙しく大変なこともあったけど、
他では得られない“何か”が確実にあった!
と、私は・・・そう思います。
  1. 2011/04/04(月) 16:39:59 |
  2. URL |
  3. カモミール #-
  4. [ 編集 ]

カモミールさんへ
ありがとうございます。
いろんな気付きはありました。
私、できるじゃん、って。
私自身も育ててもらったって思います。
今は距離を置いてのんびりしようと思います。
楽しかったって思えるように。
  1. 2011/04/05(火) 19:59:33 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://450102.blog69.fc2.com/tb.php/345-fe3b2344
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。