子どもと過ごす 小さなこだわり 心地よい暮らし 450(よんひゃくごじゅう)

地球にやさしく、人にやさしい暮らしを心掛けて日々過ごしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

連休

土曜日に久しぶりにガールの集会に出た長女。
指導者に私のことを痛烈に批判されて、激怒していた。

保護者として、
原発事故が収束していないし、余震もいつどんな規模で起こるかわからないので、
夏のキャンプその他長女に危険が伴うと思われる活動は控えたい、
ということを伝えてある。
そのことについて、面と向かって批判されたのだという。
他の子はちゃんと参加してるのに、あなただけよ、お母さんを説得しなさい、的なことを。
ま、しょうがないんだけどさ。
色んな価値観の人がいるって、わかってても、柔軟に対応できるわけじゃない。
悔しくて、言い返せなくて、帰ってきた長女は号泣していた。

みんなちがって、みんないい。
そんなのきれいごとだよ、って。
なかなかできないけど、できるように努める、
そんな大人になってほしい。

大体、何でこんなに私が放射能を嫌がるか、って、
身内がみんなガンで亡くなってるからなんだよ~。
これは、まあ、ほんとに人それぞれだから、
どうしようもないと思う。

一昨日の武田邦彦先生のブログにいいこと書いてあった。
救われた~。
そりゃ、福島に比べたら、千葉県は確かに被害は少ない。
だけど、柏、松戸はホットスポットなんて騒がれてるし、
低線量でも確実に体に蓄積していくもんなんだよ。
今、自分の体の中で、いつ爆発するかわからない、爆発しないかもしれない、
そんな爆弾を育てつつあるんだ。
だったら、そんなの大きいより、小さいほうがいい。
船橋は0.2~0.3マイクロシーベルト。
この数値だと、年間1ミリシーベルトは超えてしまう。
何とかして、子どもは守ってあげたい。
国が言ってる、年間20ミリなんて、とんでもない!

千葉県や船橋市は結構細かく線量を計ってくれてるので、すばらしいと思う。

だけど、毎日だと疲れちゃうので、
日曜は横浜に遊びに行って、
昨日は東京ドームに野球を観戦しに行った。

たまには放射能のこと忘れて、楽しく過ごすけど、
もう、受け入れて生きていくしかないんだ、って思ってる。

だけど自分にできることはちゃんとやろうと思ってる。
スポンサーサイト

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2011/07/19(火) 09:52:41|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<第五福竜丸 | ホーム | 湯上り服>>

コメント

長女ちゃん、嫌な思いをして帰ってきたんだね。

大人の私も色んな人がいるって思ってても対応しきれない
人っているもん。
お母さんの批判までされちゃったら悲しくなるよね。
長女ちゃん頑張った頑張った。エライ!!!
  1. 2011/07/19(火) 17:52:00 |
  2. URL |
  3. JJ #-
  4. [ 編集 ]

私も頭痛いです

原発はホント見えない恐怖ですよね。
情報操作もされてるだろうし、何を信じて良いのか、、、。
地震はどこで起きてもおかしくないこの時期、
ある程度仕方ないと思えるかもしれないけど、、、。
親の判断も様々なのは当然ですよ。
子どもに向かって、親が間違ってるって感じの事を
言うのは大人として悲しいことですね。
親として子どもを守るのは当然なのに。
入院中に癌で術後のいろんな方と話しました。
苦痛を目の当たりにして、絶対癌にはなりたくない!
って切に感じました。
  1. 2011/07/20(水) 10:37:01 |
  2. URL |
  3. ひまりんすー #-
  4. [ 編集 ]

なっぱのなさんへ
ありがとう。
思春期って親の言うことより、自分の周囲の友だちとか親以外の価値観を重視する傾向があって、
それが発達の段階で正常なんだって。
そうなんだけど、成人するまでは保護者、ってついてるんだから、親の方針に従わざるを得ない部分もあって、すごく難しい時期なんだよね。

エイトのDVD観て、憂さ晴らししたよ!
そういう時エイト最高!

ひまりんすーさんへ
ありがとう。

今、この先どう生きていくか、っていうのが問われてるのかも。
原発事故や放射能を無いものとして過ごすか。
被曝を最低限にする努力をするのか。
ママ同士でもそのことについては誰も触れないよね。
校長も国の基準の20ミリシーベルト以下ですから、安全ですとか言ってるし。
誰を信じたらいいかわからないし。
不安なことは声に出して行きたいよね。
共感してもらえてすごくホッとした。
体無理しないでね。
  1. 2011/07/20(水) 11:50:19 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

シカゴに帰ってきました~。
旦那に放射能はどうなの?大丈夫なの??って聞かれても「いや、大丈夫じゃないんじゃない?これからも出続けるんじゃない?でも福島の立ち入り禁止区域にいなければ大丈夫みたいだけど~」って。。。っていう答えであってるのかな~みたいなあやふやなアタシ。なにを持って大丈夫なのかな~全然わかりません。
今後、アメリカ人のご近所さんやママダチ、先生とかに、絶対に同じ事を聞かれまくるんだろうな~。。。そしてあやふやに答えるアタシなんだろうな~。。。

それにしてもいただけないのはガールの保護者さんたち?子供に親の批判をするなんて!!怒
長女ちゃんがかわいそうでならないわ・・・
  1. 2011/07/29(金) 20:04:37 |
  2. URL |
  3. つっちゃん #-
  4. [ 編集 ]

つっちゃんへ
粘土楽しかったね~。来年会えるのを楽しみにしています。
船橋でも福島のことは対岸の火事みたいに思えるんだろうな、って思う。
チェルノブイリのことも日本じゃ他人事だし。
でもしょうがないよね。それでもいいと思う。
気になるか、気にならないか、感覚の問題だから。
それを、自分と違う人を否定しなきゃいんだと思う。
そうありたいよね。ありがとう。
  1. 2011/07/30(土) 22:35:46 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://450102.blog69.fc2.com/tb.php/362-553f9b2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。