子どもと過ごす 小さなこだわり 心地よい暮らし 450(よんひゃくごじゅう)

地球にやさしく、人にやさしい暮らしを心掛けて日々過ごしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年最初のぱんびより

CIMG3504.jpg
金曜日は今年初めてのぱんびより。
焼きあがったパン。
いつも初めてのかたにはこのパンをお教えしている。
この生地ができたら何でもできるから。
でもなかなか二回目以降につながらない。説明の仕方が悪いのかな。
がつがつ営業してないし。。。
CIMG3503.jpg
試食用のスープとサラダ。
にんじんのポタージュと、春キャベツのトマトのサラダ。新玉ねぎドレッシングで。
CIMG3505.jpg
お持ち帰り用の生地を土曜日の朝に焼いたもの。
100gずつ分割して楕円に薄くのばして二次発酵させずに180℃のオーブンで10分焼く。
ぷっくり膨らんでピタパンになる。
空気を抜いてピザにもできるけど、トマトとクリームチーズと卵焼きを入れてサンドイッチにして食べた。
美味しかった。

長女の中学のクラスでくじ引きで役員になってしまった。
働いてないママは私くらいで、肩身が狭い。
二女が小3だから、まだいいかな、って思ってる。
私は母が土日も仕事の人だったから、自分はおうちにいるママになりたいって、ずっと思ってた。
仕事に出て、家族にしわ寄せが来るなら、手作りをして節約してるほうがいいと思うんだけど、
罪悪感でいっぱいだ。
人生の岐路に立たされてる気がしてならない。
スポンサーサイト

テーマ:手作りパン - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/05/01(水) 16:43:36|
  2. パン教室「ぱんびより」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ガーゼのワンピース | ホーム | 最近作ったもの>>

コメント

わかります!

子どもの年齢があがるにつれて、母親の就業率高くなるよね~。読み聞かせボランティアの募集しても、無関心な人が多くて(暇じゃなきゃできないよ~)なんて言われちゃったり(^^;私も母親が仕事人間でお金はかけてくれたけど、手や目はかけてくれなかったから、反面教師で一応ポリシー持って専業主婦しているつもりなんだけど、だんだん肩身が狭くなるよねー。
  1. 2013/05/01(水) 18:58:54 |
  2. URL |
  3. ひまりんすー #-
  4. [ 編集 ]

ありがとう。ほんとにそう。
自分の子には手をかけたいって思ってたけど、それを子どもが望んでるかはわからないし。
難しいよね。
読み聞かせのボランティアもやりがいはあるけど、収入には結びつかないし。
自分が何を大切にするか、なのかな。
  1. 2013/05/05(日) 17:20:50 |
  2. URL |
  3. よんひゃくごじゅう #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://450102.blog69.fc2.com/tb.php/430-e3603618
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。